レディースボーダーのための、スノーボードブーツの選び方

レディースのスノーボードブーツ選び

どこのサイトを見てもメンズのものばかりで、女性向けの情報が少ないと感じたので、レディースボーダー向けの情報を発信していきたいと思います。

スポンサーリンク

ブーツ選び

ブーツ選びが一番大事だと言われています。ブーツを選ぶ際に私が大事にしていることは3店あります。

  • フィット感
  • 硬さ(リスポンシブ)
  • 耐久性

フィット感

フィット感は一番気になる部分ですね。足が痛くなるとスノーボード自体が楽しくなくなってしまいます。慣れるまでは我慢と思っている方、今のブーツは違うんです。ほとんどのものが熱成型をできるので、履いた初日から快適なライディングを楽しむことができるんです。Deeluxeのブーツは熱成型ができることで有名ですが、BurtonやK2なども一部成型ができるものを販売しています。

熱成型は多少のサイズ感のずれを解消できますが、ネットで買うにしろ、店頭で買うにしろ、一度試してみてから購入するのは必須です。メーカーによっても形の特徴は違いますし、同じメーカーでもデザインによってフィット感が変わってきます。同じ海外ブランドが多いので、典型的な日本人足の方は特に注意です。

また、どこのブランドでも、同じタイプ、同じ名前のブーツでも、熱成型のものもあれば、熱成型できないものもあるので注意しましょう。

硬さ・リスポンシブ

どこのブランドも柔らかいブーツと硬いブーツとどちらも製作しています。これらの違いは、一般的に硬いブーツは安定感があり、ターンの反応が良くなる。柔らかいブーツは初心者でも扱いやすく、パークやグラトリをする場合に楽に足を使うことができる。です。

上級コースがくて滑れない方やターンに自信がない方は、柔らかめのブーツ。

どこのコースでも行けるけど、スピードが出るとエッジが上手く使えず、足がぐらつくという方は少し硬め。

ホームゲレンデがアイスバーン、または圧雪されたコースで高速カービングが好きという方は硬め。

スピードを出すよりもグラトリやパークに挑戦したい、パウダーばかりを攻めたいという方は柔らかめから中くらい。

といったように、目的とレベルに合わせて選んでいくのですが、最終的には好みです。私は硬めのブーツの安定感が好きなので、ガチガチブーツの圧迫感にも慣れますし、1シーズン毎日滑るとすぐへたってくるので、硬めのものを購入するようにしています。

耐久性


1年に数回しかスノーボードをしない方にはあまり関係のないことかもしれませんが、ブーツは数十回滑ると劣化します。長く使っていると足首の周りに線が入ってきたり、紐の留め具が効かなくなって来たり、コンクリートの上ばかりを歩いているとソール部分(足裏)のグリップがなくなったりと、変化に気づくことがあるかと思います。

最上級のモデルでも必ず劣化はしますので、あえてミドルクラスの少しお手頃なブーツを買ってこまめに買いかえる方もいます。

私が今までにした失敗は、

  • 中古でブーツを買った
  • 長く使いすぎた
  • 自分の滑る速度に合わないブーツを買った

まずブーツは新品を買うことをおススメします。使えば使うほど必ず傷みますので、中古だと状態によっては1シーズンもたないこともあります。長く使いすぎということと同じですが、一日に何度も紐を締めなおさなければならなくなると、買いかえることをおススメします。

最後に自分のレベルに合ったブーツを購入するというのは重要です。私はDeeluxeを使ったことがなかったので、Ray Laraという初心者モデルの柔らかめのブーツを試しに購入しました。紐が両側ではなく片側でしか締めれず、数回滑っただけで紐の留め具が壊れました。もちろん保証は購入してから1年あるので、無料修理もしてくださり、予備のネジやパーツもいただきましたが、どうしても高速で滑った後には必ず紐が緩んでいます。体重の関係もあるかもしれませんが、ニュージーランドのようなアイスバーンで滑るにはある程度ホールド力のあるものを選びたいですね。

次回はレベル別におススメするブーツをご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする